2016年09月29日

妊婦や幼児にもOK!薬以外のおいしく効果的な花粉症対策&治療方法

薬をあまり使うことができない妊婦さんや子供さん、特に幼児の花粉症、
つらいですよね。妊婦や幼児でも大丈夫な、薬を使わない、あるいは薬以外の
花粉症対策がないものか、調べてみました。

ネットでよく見かけるのは、やはり食事療法ですね。
みな、体質改善には涙ぐましい努力をしているようです。
例えばカップラーメンとか、添加物が入ったものは全て避けるようにするとか。
インスタントラーメン.jpg
どうしても子供がラーメンを食べたいと言ったときは、カップのやつではなく
袋のラーメンにして、麺をゆでたらゆで汁は捨て、新たにスープをこさえる、
そしてさらにそのスープも飲ませないなど・・・。

でも、体質を徐々に改善していくことは非常に重要だけれど、
花粉症の症状が出なくなるまでに体質が改善されるには時間のかかる話です。
私の場合も、5年くらいかかりました。

当面発生する花粉症の症状をどうやって抑えるか、特に薬の制限がある妊婦の方、
2歳3歳の幼児や子供にも無理なく症状を抑える何か方法がないか、
それをみつけることが重要だと思います。

探しました。

探せば今の時代、見つかるものです!

ありました。
子供にも抵抗なく全然OKな花粉症対策。
しかもこれ、“美味しい”対策ですよ。

じゃばらジュースというのを聞いたこと、ありますか?
和歌山県は北山村というところでとれる「じゃばら」と呼ばれるかんきつ類
の果物を原料にしたジュースです。

なんでも、この「じゃばら」という果物には、抗アレルギー作用のある
ナリルチンという成分が、ミカンやその他のかんきつ類よりもケタ違いに
多く含まれているのだとか。

そんな「じゃばら」を粉末にしたのが、
北山産のすっぱくないじゃばらジュース』。

水に溶かすだけで簡単に飲めるのです。それに、かんきつ類だからといって、
すっぱいこともないというのだから、薬が苦手な子供さんや、幼児でも
無理なく飲めそうなのがいいんじゃないかと思います。

北山産のすっぱくないじゃばらジュース』の詳細については
下記画像をクリックすればご覧になれます。よければ確認してみて下さい。



posted by 邪ばら at 21:46| Comment(0) | 妊婦・幼児もOKの花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

高校生になって初めて発症する花粉症

それまでは何ともなかったのに、高校生になって初めて発症する
花粉症ってあるの?

ある高校1年生は、3月の頭になってすぐ、目から膿のニオイがする
透明の液体が出てきて止まらなくなったといいます。
明らかに涙とは違うと本人はいいます。

子供の頃から去年までは何とももなかったのですが、
今年になってそんな症状に見舞われています。

蓄膿症の可能性もあると思いますが、花粉症でしょうね。
私自身も実は高校2年生の春ごろに生まれて初めて花粉症を
発症しました。

私の場合は澄んだ水のようなものが鼻の穴からスッと落ちていくのを
感じたのが始まりです。すごく透明度が高く粘度の低い鼻水でした。

その後、何日かして、鼻がむず痒いのが止まらず、鼻水も出っ放し、
しまいには涙も止まらなくなるほど激化しました。

目から出る方の涙の方は、普通の涙よりも粘度が高く、
ベトベトした液体でした。若干臭いもあったと思います。

ですので、この高1の子も、花粉症なのだろうな、と思っています。

試験の期間とちょうど重なったりするので、つらいんですよね。
しかも留年するかどうかがかかった?学年末の試験ですから。

その後私も医者に行きましたが、なぜ高校生になって初めて花粉症が
発症するのかは医者もはっきりとはわからないと言っていました。

体が成長するにしたがって体質に変化が生じているのだろう
というようなお話だったと思います。

子供の頃からずっと毎年花粉症というのも大変と思いますが、
高校生になってから初めて花粉症になってしまうのって、
なった自分自身としてもすごく納得がいきませんでしたね。

試験だけでなく、体育の授業とかも大変。
何とか打開したいですよね。
posted by 邪ばら at 13:31| Comment(0) | 妊婦・幼児もOKの花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

食事などで体質改善をはかれば花粉症は治る?

私が花粉症を発症した30年前は、鼻炎に対抗する手段は抗ヒスタミン剤
しかありませんでした。

抗ヒスタミン剤は、劇薬です。この時代の子供や妊婦さんは使えなかった
とおもっわれます。大変だったことでしょう。

私自身、花粉症で医者にかかった時に確か、「体質を改善すればよくなる」
という風に言われました。具体的には?というと、

体をアルカリ性にもっていくといいというのです。

アルカリ性にもっていいくには、「電解質」をとる、というようなことを
言われ、具体的にどのような食べ物とかを摂ればいいのですかとその医者
に聞くと、「ポカリスエットとか・・・、」といいます。

それ以降、私はポカリスエットを意識して飲むようにしましたが、
症状はほぼ変わりませんでしたね・・・。
だいたい、ほぼ水のポカリにそんな効き目などあるはずがありません。

さて、現代ではいったいどうしているのか調べてみると、
やはり体質改善をすれば治るという話はネット上にもたくさんあります。

で・・・、ポカリスエット? いやさすがにそれはなく、体質を改善するには
徹底して添加物を避ける食事をする、ということや、ヨーグルトを食べる、
というような話が出ていたりしますね。

ポカリスエットよりは効果が期待できるでしょうけど、でも、非常に地道
な取り組みで、花粉症を完全には抑え込めるとは思えませんよね・・・。
でも、やらないよりはだいぶマシなのではないでしょうか。

花粉症とは切り離して考えても、健康には必要なことと思います。
posted by 邪ばら at 12:39| Comment(0) | 妊婦・幼児もOKの花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする